あかしろつるばみ(赤白橡)の語源

「つるばみ」はドングリの古い呼び方。

黄櫨(はぜ)で染めた、位の高い人の着物の染色。

この色のおすすめコーデ

こんな時代の簡単副業を紹介します。
色を学ぶと収入につながります。

イロペディア・オレンジ一覧

ピーチ はだいろ フレッシュ アプリコット あらいがき あんずいろ
あかしろ
つるばみ
メイズ そひ あかくちば かんぞういろ タンジャリン
かきいろ キャロット
オレンジ
クローム
オレンジ
おうに あらいしゅ だいだいいろ
オレンジ みかんいろ こうじいろ マンダリン
オレンジ
かばいろ フォイーユ
モルト
きつねいろ


関連キーワード

wikipediaを参照させて頂きました。


『トチノキ』より : トチノキ
生物の分類 分類
目: ムクロジ目 Sapindales
科: トチノキ科 Hippocastanaceae
属: トチノキ属 Aesculus
種: turbinata
和名
トチノキ
トチノキ(栃、橡、栃の木)とは、トチノキ科(APG植物分類体系ではムクロジ科とする)トチノキ属の木本植物。学名は ”Aesculus turbinata”。ヨーロッパ産の近縁種であるセイヨウトチノキ (”Aesculus hippocastanum”) はフランス語名のマロニエでよく知られる。
落葉性の高木で、温帯の落葉広葉樹林の重要な構成種の一つ。水気が好きで、谷間では、より低い標高から出現することもある。サワグルミなどとともに姿を見せることが多い。
木はとても大きくなり高さ25m、太さも1mを越えるものが少なくない。葉も非常に大きく、この区域では最大級の葉である。葉柄は長く、その先に倒卵形の小葉を掌状につけ(掌状複葉)、全体の長さは50cmにもなる。葉は枝先に集まって着き、その間から、初夏に穂状の花序が顔を出す。個々の花は花びらもさほど大きくないが、雄しべが伸び、全体としてはにぎやかな目立つ姿である。花は白〜薄い紅がかる。丸い果実が熟すと厚い果皮が割れて少数の種子を落とす。種子は大きさ、色艶、形ともに、クリの果実のてっぺんのとんがりをなくして、丸くしたようなものと考えれば、ほぼ間違いない。

橡尾健次
名前=橡尾 健次
本名=
愛称=
カタカナ表記=トチオ ケンジ『日本代表公式記録集2008』 日本サッカー協会、2008年、571頁。
アルファベット表記=TOCHIO Kenji
原語名=
原語表記=
誕生日=1941年5月26日
出身地=
身長=
体重=
血液型=
所属チーム名=
ポジション=ディフェンダー (サッカー) DF『日本サッカーリーグ全史』 日本プロサッカーリーグ、1993年、243頁。
背番号=
利き足=
代表年=
代表出場(得点)=2 (0)

Designed by CSS.Design Sample

inserted by FC2 system