くりいろ(涅色)の語源

川の底などに堆積する土の色。

「黒(くろ)」という言葉の語源と考えられている。

この色のおすすめコーデ

こんな時代の簡単副業を紹介します。
色を学ぶと収入につながります。

イロペディア・白黒一覧

しろ ホワイト ごふんいろ スノウ
ホワイト
えんぱく にゅうはくしょく
きなりいろ かいはくしょく オイスター
ホワイト
うのはないろ パール
ホワイト
パティ
すないろ フォッグ シルヴァー
ホワイト
スカイ
グレイ
シルヴァー
グレイ
パール
グレイ
アッシュ
グレイ
ちゃねず ローズ
グレイ
スティール
グレイ
きんねず ふしいろ
あくいろ シメント うすずみいろ ねずみいろ モス
グレイ
ふかがわねず
りきゅうねずみ はいいろ グレイ マウス
グレイ
くりいろ うつぶしいろ
アスファルト トープ けんぽういろ にびいろ なまりいろ スレート
グレイ
くろつるばみ けしずみいろ チャーコール
グレイ
ガンメタル フリント すみ
てつぐろ レイヴン ランプ
ブラック
ぬればいろ アイヴォリー
ブラック
しっこく
あんこくしょく くろ ブラック


関連キーワード

wikipediaを参照させて頂きました。

涅マユリ
記事の編集は必ずルールに従って行ってください。ルールに違反した編集を行った場合には削除されます。それでも同様の編集を続けた場合は荒らしとみなされ、記事の保護、投稿ブロック等の措置が下る可能性がありますので注意して下さい。
BLEACH#単行本 発刊中の単行本以降のネタバレを記載しないで下さい。
記事は公式設定を基にして書き、断片的な情報に基づく推測やファンの評価・俗称は記載しないようにして下さい。
登場人物については単行本で名称の判明した人物のみ記載して下さい。斬魄刀の名称、解号も同様の基準で記載してください。
涅マユリ(くろつち まゆり)は、久保帯人作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『BLEACH』に登場する架空の人物。アニメの声優は中尾隆聖。

涅槃
涅槃 (ねはん、サンスクリット: nirvana, パーリ語: nibbaana, タイ語: ?????? nípphaan)は、サンスクリットのニルヴァーナ(nirvana)、パーリ語のニッバーナの音写である。この語のほか、泥曰(ないわつ)、泥洹(ないおん)、涅槃那(ねはんな)、泥丸などとも音写される。漢訳では、滅、滅度、寂滅、寂静、不生不滅などと訳した。また、サンスクリットでパリニルヴァーナ(parinirvaaNa) マハーパリニルヴァーナ(mahaaparinirvaaNa)ともいわれるところから円寂、大円寂などと訳された。
涅槃は、「さとり」〔証、悟、覚〕と同じ意味である。しかし、ニルヴァーナは「吹き消すこと」「吹き消した状態」という意味だから、煩悩(ぼんのう)の火を吹き消した状態をいう。その意味で、滅とか寂滅とか寂静とか訳された。「人間の本能から起こる精神の迷いがなくなった状態」という意味で涅槃寂静といわれる。

涅槃姫みどろ
涅槃姫みどろ(ねはんひめみどろ)は、週刊少年チャンピオンで2006年2月から連載中のホラー漫画作品。原作は大西祥平、漫画は中里宣。単行本は2006年8月現在2巻まで刊行。
呪術の使い手である謎の転校生みどろが「厄い」場所にどこからともなく現れ、かかわった者や悪人達を涅槃へ落としていく一話完結型の物語である。「厄い人」は「罰当たりな人」と考えるのが一番近いように思われるが、必ずしも一致するわけではない。
本来は印象的なオチや登場人物の死に様などを楽しむ漫画であるはずだが、インターネット上ではその妙に古臭くつっこみ所の多い描写やヒロインのみどろに対するいわゆる萌え要素に注目が集まっている。

涅槃經
『大般涅槃経』より : 大般涅槃経 (だいはつねはんぎょう、mahaaparinirvaaNasuutra (パーリ語 pali))、;agrave; ????????????????????(タイ語 Thai Language)。略称として涅槃経。
 釈迦の入滅(=大般涅槃(だいはつねはん))を叙述し、その意義を説く経典類の総称であり、阿含経典類から大乗経典まで数種ある。大乗の”涅槃経” は、初期の”涅槃経” のあらすじは同じだが、趣旨が異なるので特に相互を混同してはならない。

涅槃経
『大般涅槃経』より : 大般涅槃経 (だいはつねはんぎょう????????????????????(タイ語 Thai Language)。略称として涅槃経。
 釈迦の入滅(=大般涅槃(だいはつねはん))を叙述し、その意義を説く経典類の総称であり、阿含経典類から大乗経典まで数種ある。大乗の”涅槃経” は、初期の”涅槃経” のあらすじは同じだが、趣旨が異なるので特に相互を混同してはならない。

Designed by CSS.Design Sample

inserted by FC2 system